Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【黒タッチ赤 クレプス】

どうも、combatirです。
今回はZ/Xのデッキを軽くご紹介。



【黒タッチ赤クレプス】
1 x 復讐の魔人ウルティオー

4 x 骨蛇スケルタルヴァイパー
4 x 不幸の魔人ミセリア
4 x 孤独の魔人ソリトゥス
4 x 骨騎士スケルタルナイト
4 x 名馬メリーゴーランド

4 x 残忍の魔人サエウム
4 x 黒剣カースドソウル
4 x 宵の魔人クレプス
2 x 冥司教スケルタルビショップ
4 x 不滅王イモータルキング

2 x 尊厳の神君アウグストゥス
4 x 維新の英雄 坂本龍馬

3 x ブラックユニオン
2 x 抱擁の誘い



コンセプトは「イモータルキングとクレプスって相性良いんじゃないの?」。
・・・コンセプトと呼ぶには不安な感じがしますが、それはさておき。
「《イモータルキング》で場数が増える」=「次のターン以降にチャージが溜まりやすくなる」なので、強さはともかくとして考え方自体は間違っていないと思います。

レシピの中で目を引くのが6枚だけ積まれた赤のカードですね。見ての通り《クレプス》でリアニメイトするのが目的ですが、手札から出す事も視野に入れています。序盤に使う必要のない色のカードは6枚あれば動く、というのが私の持論です。色が無くて出せなければリソースに置けばいいだけですし、2枚目以降は不自由なくプレイ出来ます。同一ターンに手札から2枚出す・・・とかしない限りは、それほど困る事は無いはず。IGで調整して中途半端に色の枚数を増やすよりは、こういう極端な構成にした方が事故は少なくなります。

チャージを増やす手段として、《スケルタルヴァイパー》に《抱擁の誘い》、一応《サエウム》。
《抱擁の誘い》の枚数はもう少し増やしても良いかも知れません。
《サエウム》はハンデス効果がメイン。あまり前のめりなデッキではないので、相手の息切れを早める事が出来るのはありがたいですね。

《バルバルス》を採用していない理由は、《クレプス》を最大限活躍させたいから。チャージ利用が被っちゃうのがあまり良くないかなー、と。単純に強さを求めるのであれば、間違いなく入ります。



いかがでしたでしょうか。
コンセプトはともかく、比較的素直なデッキにまとまったように思います。
タッチ赤6枚、オススメですよ!

それでは、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/12/06(木) 20:27:59|
  2. Z/Xデッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Z/Xの手札は大切? | ホーム | 【赤青隊列ビートダウン】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatirtcg.blog.fc2.com/tb.php/7-b6df06f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。