Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑の現状。

はじめに。

今回の記事は若干ネガティブなので、そういった記事を見たくない方はブラウザバック推奨。

以下、本題。


本日、Z/Xのエクストラパック第2弾「日本一ソフトウェア」が発売されましたね。
生粋の緑信者としては、やはり緑の収録カードが気になる所です。

・・・という訳で、今回の記事は緑のカードリストを見た感想を述べる事にしましょう。
まずは以下をご覧ください。

《やるときはやるプリニー》   ←VBバニラ
《がんばるプリニー》       ←バニラ
《1000匹いるプリニー》     ←(ワイルドローズ)
《一休みするプリニー》     ←LRバニラ
《冒険するプリニー》       ←(山吹)
《史上最弱!主人公プリニー》  ←New!!
《しぶといプリニーアサギ》   ←ルリジッサ
《正体不明?姉御肌のプリニー》←New!!
《ダンディなプリニーカーチス》 ←バニラ
《偉そうなプリニーラハール》  ←(ウェアライノorウェアパンダ)
《一生懸命なマローネ》     ←楓
《心優しいアッシュ》       ←バニラ
《水竜の能力の使い手アッシュ》←リンドウ、プラセクト
《自由悪逆のメタリカ》      ←木蓮
《メタリカ先生》           ←皐月
《百騎兵の主メタリカ》      ←New!!
《天才魔女メタリカ》        ←ウェアライノ
《伝説の魔神兵 百騎兵》     ←(ヘッジホッグ)
《異端審問官ビスコ》       ←ウェアコアラ
《打倒!森の魔女》         ←剣閃撃

カード名の右側に書いてあるのは、そのカードと同じ効果を持つ既存のカード。
使用感がやや異なりそうなものは括弧でくくっています。

・・・なんとなく、言いたいことは伝わったかと思いますが。

見ての通り、新しい効果を持ったカードが3種類しかないんですね。
それ以外は既存のカードの種族や数値をちょっと弄っただけのものになっています。

今回のパックは新規参入者向けという事なので、既存のカードの互換をあえて多めにしてる可能性はあります。
仮にそうだとしたら、新しいカードが少なくても仕方ないですね。

・・・と思って他の色を見ると。
まー、見た事もない面白そうなカードがいっぱいあるじゃあありませんか。

緑だけ、露骨に新しいカードが少ないんですよ。
緑信者として、涙を流さずにはいられません。
某人のお言葉を拝借して、言わせて頂きましょう。

「なんでこないなってもうたんや」

理由としては、「緑は他の色と比べ、出来る事が少ない」からだと考えています。

現状の緑は基本的に、「リソース増加・回収・リブート」「パワー上昇」「リソース送り除去」しか出来ません。
これが黒になると、「トラッシュ増加・回収」「手札破壊」「パワー上昇」「チャージ増加・活用」「破壊除去」「スーサイド」になります。

その差は一目瞭然ですね。
カードの効果のパターンが少ないのであれば、似たようなカードが多いのも当然といえば当然です。

mtgのイメージに従って、「緑は不器用だから仕方ない」なんて言われる事もありますが・・・
「不器用」と「芸が無い」は全くの別物です。

このまま似たようなカードが増えていくだけでは、いつまで経っても似たような動きしか出来ません。
この辺で何かひとつ、緑に新しい効果が与えられると嬉しいのですが・・・。

日本一パック全体で見るなら、とても良いパックだと思います。
「コイツでデッキを組みたい!」と思わせるようなカードが多く、新規参入者にはまさにうってつけと言えるのではないでしょうか。

また、今回の記事は各カードの「強さ」に関しては言及していません。
例えば《水竜の能力の使い手アッシュ》はおなじみのプラセクト能力ですが、コスト・パワーの関係でかなり強力にデザインされていると思います。

スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/09/26(木) 14:28:39|
  2. Z/X関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Z/X6弾を使って最強デッキを組んでみました! | ホーム | 【緑白黒t青フィーユ】 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatirtcg.blog.fc2.com/tb.php/19-82de27de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。