Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

綾瀬(中略)杯使用デッキ+小レポート。

どうも、combatirです。

今日は大宮オーガ店長主催の綾瀬(中略)杯に参加してきました!
今回はそこで使用したデッキのレシピと、覚えている範囲で大会のレポートを。


まずは使用デッキから。

【緑黒フィーユ】

・スタートカード
1 x 変幻の三節棍 山吹

・IG
4 x 未来の達人 蒲公英
2 x 隠業の手裏剣 弟切草
4 x 不敵な旋棍 芍薬
4 x 孤独の魔人ソリトゥス
3 x 月影葬送牙
3 x フィーユはいつも元気だぞっ!

・ZX
2 x のんびり屋のルリジッサ
2 x 凛とした簪 黒百合
4 x たおやかなる薙刀 菖蒲
4 x 魅惑の七支刀 月下香
4 x 高潔の金剛杵 木蓮
4 x 野蛮の魔人バルバルス
2 x 滅獄竜デスティニーベイン
4 x 樹海の乙女フィーユ

・イベント
3 x 武皇剣閃撃

以前、このブログに書いたデッキをちょこっといじっただけですね。
良い成績を残せたことですし、せっかくなので細かいところまで書いてみます。
前に描いたものと共通することが多くなるかもしれませんが、ご了承ください。

・IGについて
《芍薬》《蒲公英》《弟切草》までは安定。
3弾環境になって確定除去が欲しくなったので、《月影葬送牙》を採用。
それに合わせて、しっかり黒を積む必要が出てきたので《ソリトゥス》を4枚。
後は単純にアドバンテージを稼げる《フィーユはいつも元気だぞっ!》を含めて適当に枚数調整した感じです。

細かい事を言えば、《葬送牙》は4枚で良いかも知れないし、《元気だぞっ!》は2枚で良いかも知れません。
しかしながら、「フィーユを使いたい」という理由でこのデッキを使い続けている者としては、これ以上《元気だぞっ!》を減らすのは心情的に出来ませんでした(
4枚から3枚に減らす段階でも相当苦悩したんですよ!

・4コスト枠
相変わらずの《ルリジッサ》と《黒百合》が2:2。
どっちつかずな感じが非常によろしくないような気はしますが・・・現状はこれでうまくいってるので、こんなもんでしょう。

・緑について
《菖蒲》《月下香》《木蓮》の普通に強いホウライをフル投入。
《菖蒲》に関しては3枚でも良いのかも知れませんが、ファッティ相手に試合が長引いたときは必ず引きたくなるカードなので4枚にしました。8コスの時に3コストを回収しつつ2体処理出来るのも便利ですし、あって困る事はないはず。

《樹海の乙女フィーユ》は4枚。ここは譲れません。
可愛い!

・黒について
《バルバルス》が超強いのは相変わらずとして、新戦力の《デスティニーベイン》が加わりました。
盤面を固めきれてない時の相手のIG連打を全て弾いてくれるので、かなり強いですね。
手札コストがキツイ時もありますが、それに見合うだけの価値は十分にあります。
ウィニー・ビートダウン系列のデッキよりもファッティや同形の方を意識していたので、《ベイン》は控えめな枚数になっています。ただ、今回は結果としてビートダウン系列のデッキと対戦する事が多かったので、《菖蒲》の枠を1枚こっちに持ってくるのが正解でした。

・イベントについて
前回と比べ、《剣閃撃》を1枚増量しました。
ビートダウン、ファッティどちらに対しても使えるので良い感じ。
相手の《アサギ》《アイヴィーウイング》に対して足りない打点を補ってくれたり、同サイズゼクスからの攻撃を弾いて反撃の起点にしたりと大活躍。

・このデッキを選択した理由について
上の方でも少し触れましたが、単純に「フィーユが使いたかったから」。
好きなデッキを「好きだから」という理由で使って勝てる、というのは本当に幸せな事だと思います。
もっとも、それがいつまでも続くとは限りませんが・・・。

それでも。
これから先、たとえ環境が変わったとしても、私は《フィーユ》を使い続けます。


カッコつけた文章で締めくくったところで、ここからは大会の簡易レポートになります。
メモを取り忘れたので覚えていないところも多々ありますが、ご容赦ください。

まずは予選から。
1グループ4人で、上位2名が決勝トーナメントに上がる方式。

予選1回戦目:赤黒t白ウィニー
赤黒のズィーガーを採用したウィニーに赤白リソースリンクを加えたタイプのデッキ。

普通に轢き殺されてしまいました。
負け。

いきなり負けちゃいましたが、次とその次を勝てばまだ決勝進出できます。

予選2回戦目:黒青t白チャージ利用
《バルバルス》《デスティニーベイン》を《イリュジオン》で回収しつつコントロールするデッキ。

こちらのIGがガン回ってそのまま押しつぶしてしまいました。
勝ち。

予選3回戦目:赤黒t白ウィニー
1回戦と同じ方。お互いに1勝1敗で、勝った方が決勝進出になる試合。

1回戦目とはちょっとプレイングを変えて、なるべく相手を殴らないようにしてみる。
それが効を奏したか、ライフ2点まで削られるも、盤面を大型で制圧して固めることに成功。
後はヴォイドに注意しつつライフを削って勝ち。

なんとか決勝トーナメントに進出することができました。


続いて、決勝トーナメント。

1回戦:赤青ブレイバーリゲル
赤青のリソースリンクとリゲルを採用したデッキ。

ライフ3点を比較的早い段階で削られるも、盤面を大型で埋めて圧殺。
山札に余裕があるので、うっかり死なないように気を付けながらチマチマ殴って勝ち。
相手のIGでリゲルが落ちまくったのが助かりました。

2回戦:黒青
ごめんなさい、相手の方のデッキの内容を失念してしまいました。

対戦内容は、相手のIGがほとんどめくれず、こちらが《フィーユ》連打からゴリゴリして勝ち・・・だったはず。

3回戦:不戦勝
12人→8人にするため、4人が不戦勝。
運よく不戦勝に選ばれ、この時点でベスト8に入ってしまいました。
次からは準々決勝になります。

準々決勝:緑黒t白ズィーガー
《ルクスリア》を活用してコントロールするデッキ。
タッチはリソースリンクの《イリュジオン》。

相手のIGがめくれず、《フィーユ》3連打からゴリ押しして勝ち。

準決勝:緑黒ズィーガ-
コントロール気味・・・かと思いきや、積極的に殴ってくるデッキ。

相手が序盤のIGを成功させ、ライフを1点、2点と削られる。
残りライフが1になるも、盤面を整えてこれからひっくり返そうか・・・という矢先。
「PSのゼクスがやられるだけなら良いか」と油断したところに、相手が《ブラックユニオン》で自分のゼクスを破壊→手札から新たなゼクスをプレイして奇襲!

攻撃を止める事が出来ず、負け。

・・・かと思いきや。
まさかのライフから《蒲公英》。

思わず、変な声が出ましたね(

まだゲームが続いていることに驚きつつ、《蒲公英》ちゃんにもらったこの命、無駄にする訳にはいきません。

自軍を《バルバ》《ベイン》《バルバ》と固め、相手の反撃を警戒しつつ攻勢に出る。
「死なない」事だけを考え、多少チキンになりながらも少しずつ相手のライフを削り、そのままなんとか勝利。

ここまで劇的なライフリカバリーは初めて。
さすがに死んだと思いましたが・・・最後まで諦めるもんじゃないですね。
本日のハイライトでした。

決勝:赤青ブレイバーリゲル
決勝トーナメント1回戦の相手と同様、赤青のリソースリンクを採用したデッキ。

序盤はどちらも普通な感じの動きでしたが・・・
中盤に、こちらが2回ほどプレイングミス。
《菖蒲》で3コストバニラを回収すべきところでしなかったり、そのターンに出す予定の3コスバニラをリソースにセットしたり・・・。

さすがに2回もミスした試合を勝たせてくれるほど甘くない。
そのまま順調に4点削られて負け。

あえて言い訳するとすれば、先ほどのラス1ライフリカバリーの興奮が完全に抜けていなかったんです・・・!

ま、メンタル面も含めて「実力」ですからね。
悔しい気持ちは当然ありますが、負けは負け。次に活かしましょう。


最終的な結果は準優勝と、かなりの好成績を残すことが出来ました。
何度も書きますが、好きなデッキを使って勝てることほど嬉しい事はありません。
そういった意味では、今回はかなり満足のいく結果となりました。

ちなみに、準決勝と決勝の様子は近日動画として公開されるそうです。
私のプレイに見苦しい点が多々あるかと思いますが、どうか突っ込まないでやって下さい・・・。

最後に。
大会を通して、とても楽しい一日を過ごす事が出来ました。
主催のオーガさん、対戦して頂いた方々、そして調整に付き合ってくれた身内の方々に、感謝の言葉を。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/02/11(月) 01:38:10|
  2. Z/Xデッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<【黒白クレプス】 | ホーム | アニムス無限の補足とか。>>

コメント

ども!
素晴らしいレポートですね…
尊敬します。

よければ相互リンクお願いします
http://vanvanduema.blog.fc2.com/?pc
  1. 2013/02/11(月) 18:29:38 |
  2. URL |
  3. ろき #-
  4. [ 編集 ]

準優勝おめでとうございます。
このデッキ、緑竜が入ってないのはどんな理由ですか?
  1. 2013/02/11(月) 22:22:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>>ろき さん
ありがとうございます!
簡単なレポートではありますが、参考になれば幸いです。

相互リンクに関しては、申し訳ありませんが現在は受け付けておりません。
あまり更新頻度が高くないブログですし、リンクの数を増やしてしまうと管理が出来なくなってしまうので、こちらからのリンクを増やす予定は今の所ありません。
(増やすとしても、身内のブログか私がよく使うサイトだけになります。)

そちらのブログにこのブログへのリンクを貼っていただいたようで、非常にありがたいのですが・・・申し訳ありません。

コメントやトラックバックに関しては大歓迎ですので、何か気になった点などがありましたら、お気軽に書いていただければと思います。

>>名無し さん
ありがとうございます!

一番の理由は、緑龍を入れると「緑龍のデッキ」になるから、ですかね。

現状だと、フィーユや菖蒲でリソースを比較的早い段階(10枚前後)から回収・活用していくので、緑龍をブンブンできるようになるまでリソースがたまりません。
緑龍を使うのであればリソースを14くらいまで伸ばしたいところですが、このデッキだと8とか9で止まる事がしばしばあるので・・・。
現状でも採用できなくはないですが、思ったほど活躍してくれないので、その分優先度は低くなります。

緑龍を入れるなら、そっちに特化して「緑龍のデッキ」を作るべきだと考えています。
ただ、本文にも書いたように、このデッキはフィーユを主役としたくて組んだデッキなので、今回はそちらの方向は無視しました。
「フィーユのデッキとして組んだ場合こうなる」って感じでしょうか。
  1. 2013/02/13(水) 00:43:50 |
  2. URL |
  3. combatir #NBnrhpG6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatirtcg.blog.fc2.com/tb.php/15-76d95568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。