Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニムス無限について。

ご無沙汰しております、combatirです。
更新は止まってましたが、Z/Xの方はバリバリやってました。

さて、今回は3弾ZXRの《アニムス》が悪い事をするお話です。
具体的には、無限ループ、それも「決まれば即死、かつ条件が比較的緩い」ループです。

本題に入る前に、重要な点を一つ。
今からご紹介するコンボは、近々総合ルールが改定されて不可能になるそうです。
そのため、「ルールが変わる前はこんな事が出来たのか」程度に受け取っていただければと思います。

前置きはこのくらいにして、本題に入りましょうか。

今日のヒロイックサーガ開始前に久保田Pが少し話していたので既にお気づきの方も多いかと思いますが、今回のループは「アニムスの効果で、3体のゼクスを同じスクエアに出せる」ことを悪用したものです。
先程の「ルールが改定される」というのは、これを出来なくするよ、というものですね。

さて、アニムスの効果で3体のゼクスを同じスクエアに出すと、どうなるのでしょうか?
答えとしては、「1枚だけをスクエアに残し、他の2枚はトラッシュに置かれる」ことになります。
(総合ルールの「ルールエフェクト」の項を参照)
また、トラッシュに置かれた2枚が“登場した時”の効果を持っていた場合、全て誘発します。



ここからは実際のループの手順に従って、具体的な動きについてみていきましょう。

まず、「チャージが4枚ある状態」を仮定します。(チャージの貯め方についても後で説明します)
また、自軍PS以外に空きスクエアが1か所以上あるものとします。

はじめに、《アニムスA》を自軍PSにプレイ。
→効果でトラッシュから《アニムスB》《サエウム》《ルクスリア》を一つのスクエアに出す。
→ルールエフェクトで《ルクスリア》を残し、その他をトラッシュに置く。

ここまでで、初めにプレイした《アニムスA》の処理が全て終了します。
続いて、《アニムスA》の効果でつり上げた3体の登場時効果を解決していきます。
この時、解決順は好きに決められるので、まずは《サエウム》を解決。
→《ルクスリア》を破壊、チャージがあふれるので《ルクスリア》はトラッシュに。

この段階で、《アニムスA》でつり上げた3体(アニムスB,サエウム、ルクスリア)が全てトラッシュに置かれていることにお気づきでしょうか。
その上、《アニムスB》《ルクスリア》の効果はまだ未解決のまま。

さて、では次に《アニムスB》の効果を解決しましょう。
先程と同じく、トラッシュにあるはずの《アニムスB》《サエウム》《ルクスリア》を一つのスクエアにつり上げます。
《ルクスリア》を場に残し、それを《サエウム》で破壊するのも同じ。
つり上げた3体が再びトラッシュに置かれたので、もう一度《アニムスB》を解決すると・・・?

そう、無限に3体をつり上げ続ける事が出来るのです。

ここで注目すべきは、《ルクスリア》の効果は一度も使っていないこと。
すなわち、《アニムス》の効果を使うたびに、《ルクスリア》の効果が未解決のまま積みあがっていくことになります。
それこそ、百回でも、千回でも。

好きなだけ《ルクスリア》の効果を積み上げた後は、《アニムス》の効果で《ルシファー》を呼び出しましょう。
《ルシファー》を出してループを終了させ、最後に積み重なった《ルクスリア》の効果を一気に解決!
こうすることで、トラッシュのカードをすべてチャージに送る事が出来ます。
後はもう、大量のチャージから《ルシファー》の効果を連打して相手のライフを削り切って終了。



・・・とまぁ、こんな感じです。

勘の良い方ならお気づきかと思いますが、上記のループを応用すれば冒頭の「チャージが4枚ある状況」はすぐに作れます。
最初に《アニムス》でつり上げるのを、《ルクスリア》から適当なディアボロス(ソリトゥスやミセリア等)に変えるだけ。
《ソリトゥス》や《ミセリア》はチャージにいっても問題無いので、上限に達するまで「《アニムス》でリアニ→《サエウム》の効果で破壊する」という工程を続ければ条件を満たす事が出来ます。

最終的に必要な条件は、こんな感じです。
1、アニムスをプレイした段階で、トラッシュに7コスト↑が13枚以上
2、その内、別のアニムスが1枚以上、ルシファーが1枚以上
3、トラッシュにサエウム、またはルナティクスが1枚以上
4、トラッシュにルクスリアが1枚以上
5、トラッシュに6コスト以下のディアボロスが2枚以上
6、ノーマルスクエアに空き枠が1箇所以上

条件が厳しいように見えますが、実は意外と簡単。
実際にデッキを組んで回してみると、1の条件をクリアできれば他は大体自動的にクリアできます。

早いデッキ相手には流石に厳しいですが、緑系列などのゆっくりなデッキ相手ならかなりの確率で成功するようです。
デッキ構築の段階で大きな制約はあるものの、決まれば即死かつそこそこ決まるので、デッキとしては強い部類に入るのではないでしょうか。

・・・ただし。
繰り返しになりますが、この即死コンボは近いうちに使用できなくなります。
正直、あまり良くない類のコンボではあるので、なるべく早めに修正されると良いなぁ・・・と。

良い子は真似しないでね!
スポンサーサイト
  1. 2013/02/04(月) 00:19:51|
  2. Z/X関連
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<アニムス無限の補足とか。 | ホーム | 【赤青ブレイバーリゲル】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://combatirtcg.blog.fc2.com/tb.php/13-5ab0c432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[プレイ記録]《ドラゴン語りのシャーマン/Dragonspeaker Shaman》/「Z/X」第3弾『五帝竜降臨』

我々は炎と激怒からなるドラゴンの言葉を語る。ドラゴンは激情と栄誉からなる我々の言葉を語る。我らが共に紡ぎあげるは、類稀なる破壊の詩よ。 『Z/X -ゼクス-』ブロッコリー 新作ト
  1. 2013/02/04(月) 02:11:58 |
  2. ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。