Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~ある日のarenaピック~ Druid1回目(2/2)

さて、ドルイド編後半戦です。
早速残りのカードをピックしていきましょう。

dr16.png
1マナの選択肢3枚。汎用性の高さで生きている根がダントツなので、特に悩むことなくピック。

dr17.png
うーん・・・
回帰はアグロにするならあっても良いカードですが、今回は普通にミッドレンジにしたいので乙女で。
あんまり強くはないですが、ギリギリ許せるレベルです。

dr18.png
他2枚が弱すぎるので野生の咆哮。
強い場面では強いので、1枚くらいはピックしておいても良いかなー・・・というカード。

dr19.png
イエティかクモ。
ここはマナカーブ重視でイエティを。

dr20.png
他が弱すぎるのでアイスレイジャー。
5/2なら大体1:1交換は出来るので許す。

dr21.png
ただ強な司令官。
迷う理由はどこにもありません。

dr22.png
またもや強いレア。今回は真ん中と右で迷うところですが・・・
ここは素のスペックの差で闘士を。

dr23.png
ダイアウルフかメカノームかですが・・・
相性のよさそうなカードが何枚かあるのでここではダイアウルフをピック。
生きている根とか、静寂の騎士とか。

dr24.png
アマニか遠見師ですが、2マナのカードは足りてるので遠見師に軍配が上がります。
中盤以降にミニオンをヒールしてアドバンテージに繋げたいところです。

dr25.png
コグかドレイクの2択・・・と見せかけて序盤のメカがほとんどいないので実質1拓。
正直ドレイクは高火力の全体除去が無いと弱いので嬉しくないんですが・・・仕方ないですね。

dr26.png
単純に強さでクモをピック。
・・・したんですが、3マナ域は既に充実してるのでここはロケット乗りをピックするべきだったかもしれません。

dr27.png
3択。
2マナ域は十分な数があるので、ここはドラゴンを。
デカブツが不足していることもあり、5/6でうまくごまかせれば良いんですが・・・。

dr29.png
このピックの前に恒例のSS取り忘れ。
人狼の潜入者と呪われた蜘蛛の2択で、呪われた蜘蛛をピックしました。
前に取ったダイアウルフ、野生の咆哮との相性も良いですし、溢れ気味な2マナ域とはいえ悪くない・・・はず。

その後にこの選択肢。
ここで練気をピックしたんですが、今にしてみればちょっと怪しいピックですね。
1ターン目クモ戦車やらイエティやらは確かに強いんですが、デカブツが全然無いのでそれ以降は練気を有効に使えません。
ここは壊滅してる5マナ域を補充するために、多少弱くとも老練船乗りをピックするべき場面でした。

余談ですが、Salty Dog(ソルティ・ドッグ)が「老練船乗り」って訳されてるんですね。ほー。

dr28.png
練気分の手札を取り返したいのでクレクレ君をピック。
ここも同様にちょっと怪しいところですね・・・。
とはいえ、練気を取ってしまった以上はこうせざるを得ないんですが。

dr30.png
ここは特に悩まずコブラを。
デカブツが不足してる上で相手のデカブツと1:1が取れるカードはなかなか有難い存在です。
まぁ、大抵は4マナくらいの生物か軽い除去1枚とトレードすることになりますが。

といったところでピック終了。
ちょっと2-4マナ域に偏っちゃったなーといった感じです。
特に中盤以降のミニオンの質が問題で、どっしり構えられるミニオンが守り手1枚しかいません。
アドバンテージ面では優秀ですが、増やした手札から出てくる生物がプレッシャーにならないと意味が無いんですよね・・・。

しかし数が多いだけあって2-4マナ域では強いので、最終的には5勝くらいでしょうか。
相当都合よくいかないと7勝以降は厳しそうです。

それでは今回はここまで。
次回は結果報告の後、また別のヒーローに挑戦します。
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/30(金) 19:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ある日のarenaピック~ Druid1回目(1/2)

だらだらアリーナピック企画の3回目です。

まずは前回のウォーロックの結果報告から。
結果は11勝でした。思った以上の大健闘ですね。
序盤の安定性と豊富なチャージミニオンでテンポをとり続けられるのが強かったのかなーと。

MVPはArgent Horserider。ただただ強かったです。
逆に弱かったのはFist of Jaraxxass。
ミニオン除去したい場面で顔面に飛んだり、顔面に飛べば勝ちの状況でミニオンに飛んだりと散々でした。
もう使わん。

さて、振り返りはここまでにして、今回の話題に移りましょう。
ちなみに、今回から言語が日本語になっています。
そのうち戻ったりするかもしれませんが、とりあえずは日本語でやっていくことにしました。

dr1.png
まずはヒーロー選択。
今回はなんとなくドルイドを。
ミニオンの質で押していくタイプのデッキになると良い感じですが、果たして。

dr2.png
初手レアは文句なしの星の雨。
なかなか良い感じですね。

dr3.png
ドラゴン!メカ!ビースト!
2手目にして若干悩みどころですが、ドルイドにチラホラ存在するビーストシナジーを考慮してここはラプター。

dr4.png
一番カードパワーの高い星の炎を。
フェアリードラゴンも良いカードなんですが、2マナ域はある程度変えが効くので比較的貴重な除去をピックします。

dr5.png
特に悩むことなくトワイライトドレイク。
ほぼイエティなのでレアとしてはちょっと不満ですが、強いことは強いので贅沢は言わないでおきましょう。

dr6.png
騎士2種で悩みどころですが・・・どちらかといえば静寂の騎士、でしょうか。
カードパワー的には5分だと思うので、3マナ域を埋めることを考えました。
ここは意見が分かれるかもしれませんね。

dr7.png
2枚目の星の炎。
ちょっと重いですがアドバンテージが取れる良いカードです。

dr8.png
カードパワーでクモ戦車。
特に悩むことは無いですね。

dr9.png
無難にトログ。
踊る剣も悪くないカードですが、個人的にあんまり好きじゃないので今回はスルー。

dr10.png
3枚目の星の炎か、2マナ域か、ビーストシナジーか。
今回は3枚目の星の炎はさすがに多いかなーと判断してグールを取ったんですが、今思えば失敗だったかもしれません。
ぶっちゃけコイツあんまり強くないんですよねー・・・。

dr11.png
卵を起動できるカードは現状無し。
ドルイドなので今後強化スペルが取れる可能性もありますが、ちょっとリスクがあるので今回は破壊兵器を。

dr12.png
良い感じの2マナ域のクレクレ君を。
他2枚はそこまで積極的にピックしたいものでもないので、ここは即決。

dr13.png
繁茂とシルバーハンドで少し迷いますが、シルバーハンドの方が単純に強いのでそちらを。
今回は3マナ域が優秀なので、2⇒4のスキップがあまり必要でないのも理由の一つです。

dr14.png
選択肢としてはクモか守り手。
3マナ域はそこそこ取れてる上でデカブツが不足してるので守り手をピック

dr15.png
ドラコノイドか練気か。
序盤のテンポを優先して練気をピックしましたが、ここもミスかも。
6マナのカードはもう何枚か取れてるからそこまで必要じゃないかなーと思ってたんですが、これ2枚とも星の炎なんですよね。
大型ミニオンが現状デッキ内にほとんどいないので練気の優先度はそこまで高くなく、素直にドラコノイドをピックするべきですね。


といったところで、前半はここまで。
少しピックミスが目立ったかなーという感じですね。
マナカーブ自体はそこそこ良い感じなので、あとは大型を中心にデッキを仕上げて生きたいところです。


それではまた次回。
続きを読む
  1. 2015/10/29(木) 19:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ある日のarenaピック~ Warlock1回目(2/2)


さて、アリーナピックWallock1回目、後半戦です。
前半の最後は悲しみのピックとなりましたが、うまく巻き返せるでしょうか。

それでは早速。


16.png
そこそこの出だし。
カードパワーでFlame Impをピック。
これで1マナ域は磐石なので、2マナ、3マナもしっかりと確保していきたいところです。

17.png
迷わずArgent Horseriderをピック。
足りないマナ域を補ってくれる上にデッキの戦略とも噛み合う良いカードです。

18.png
迷わずMechanical Yetiをピック。
TGT以降は優秀なパワー5以上のミニオンの数が増えた事もあり、相対的に若干弱くなりましたが・・・それでもまだまだ強いです。

19.png
あんまり嬉しくないレアピック。
今からマーロックに走るわけにもいかないので、消去法でMogor's Champion。
顔面に8点が入れば強い・・・かもしれない。

20.png
Farie DragonとPower Overwhelmingでちょっと悩みどころ。
1マナ域をはじめとしてデッキ全体のサイズが小さめなので、今回は後者を優先。
アグロ戦略との相性の良さは構築で証明済みですしね。

21.png
かなり悩ましい3択。
範囲除去/強い3マナ/強い5マナデーモン。
ここはマナカーブの穴埋めをするためにSilver Hand Regentを。

22.png
Warlockと言えば卵!
ですが、今回は孵化させる手段が少ないので悩みどころです。
もう少し早い段階であれば喜んでピックしたんですが、少し手順が遅いので孵化手段の追加は神頼み。
であれば、もう少し確実に仕事をしてくれるFist of Jaraxxassの方をピックしておくべきでしょう。

ピックしてから思い出したんですが、コレ相手の顔面にも火力が飛んじゃうんでしたね。
全然確実じゃないじゃん!
・・・ピックしてしまったものは仕方ないので、うまく火力が飛んでくれることを祈りましょう。

23.png
いやぁ、その・・・
単体の強さで言えばDragonling Mechanicなんですが、生憎不足してるのは3マナなんですよねー。
4マナがダブついてることもあり、ここではAcolyte of Painを選択。

24.png
いやぁ、その・・・(2度目)
さっきと同様に足りないマナ域のUnstable Ghoul・・・といきたいところですが、1マナ生物が充実しているこのデッキにおいて、2マナでのコイツは”出したくない”レベル。
さすがにデッキとの噛み合いが悪いので、今回はSpelbreakerを優先します。

25.png
やったぜ!
Spectral Knightも捨てがたいですが、流石にImp Gang Bossをピック。
最低限の3マナ域が揃った感じですね。
それでも2マナ・3マナと不足気味ではあるので、残りのピックで補いたいところ。

26.png
開き直ってLeaperGnomeピック。
こうなってくると、変にアドバンテージとか考えるよりも序盤にブンしちゃった方が強いはず。

27.png
2マナか3マナどちらかを埋めるチャンス。
枚数的には2マナですが、単純にカードパワーでArgent Horseriderをピックしました。
除去しかりチャージしかり、盤面に即影響を与えられるカードは偉大です。

28.png
開き直ってWorgen Infiltrator。
Dragonling Mechanicも別にデッキに必要なカードではないので、もうこうなったら徹底的に1マナを安定させます。

29.png
辛うじて差し伸べられた救いの手。
何も考えずにImplosionをピック。ありがたやありがたや。


・・・なんだかピーキーなデッキになってしまった感じがしますね。
溢れる1マナ域でテンポを取って、チャージ群で詰めるのが勝ちパターンになりそうですが、逆に後手に回ると中盤以降のカードパワーの低さから何にも出来ずに潰されそうです。

7勝は・・・いけるかなぁ。
ちょっと線が細い感じがするので、予想としては5勝ってところです。
うまくブン回るか、相手が躓いてくれればあるいは・・・?

以上、結果はまた今度ご報告します。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/27(火) 19:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ある日のarenaピック~ Warlock1回目(1/2)


アリーナピック垂れ流し企画2回目。

・・・の前に、前回のパラディンの結果報告。
最終的には10勝でした。
しかも、10連勝⇒3連敗というなかなかユニークな結果に。
負けた3試合は全てメイジ相手で、ブン回られたり不運に見舞われたりしてあっさり敗北。
ハイライトは10マナでMukla's Champion⇒UnstablePortal産Ram Wrangler⇒Malorneされたシーン。
大型処理出来るカードが無くてさすがに無理でしたね・・・。

結果としては上々でしたし、今回も張り切っていきましょう!


HS0.png
一番好きなのはパラディンですが・・・連続で同じクラスをやってもアレなので、ここはウォーロックで。
アグロ寄りに組みたいところですが、さて。

HS1.png
初手。文句なしのArgentCommander。
良い感じです。

HS2.png
ちょっと悩みますが、ここはAntique Healbotを。
Warlockの時はライフゲイン系のカードの点数を若干高めに設定しています。
ヒーローパワー等でライフが削れていくので、感覚的には6点分くらい確保しておきたいところです。

HS3.png
うーん・・・
Abusive Sergeanrtからアグロに一直線でも良いんですが、ここは受けを広くするためにDemon Fireを。
デーモンシナジーが組めればベストですが、無くても汎用性は高いカードです。

HS4.png
ここはFlameImp。
序盤のテンポが重要なWarlockにとっての最重要カードです。

HS5.png
他の2枚が弱すぎるのでMortal Coilを。
とはいえ、MortalCoilも悪くないカードなので問題ありません。

HS6.png
Acidic Swamp Oozeをピック。
武器が強いアリーナでは優先してピックしたいカードですね。

HS7.png
怒りのArgent Squireピック。
他2枚に比べれば若干マシですね。
このあたりからマナカーブを低コスト寄りにしてアグロ気味にすることを視野に入れています。

HS8.png
さすがに強いのでStormwind Champion。
アグロと言えど、これくらいの強さだったら積極的に取りたいですね。

HS9.png
この前の1ピックでSS取り忘れ。
他に選択肢が無いところでVoidcallerをピックしました。
ある程度デーモンの枚数を取りたくなってきました。

そんな中で天から舞い降りたDoomGuard。
一番欲しかったレアですね。

HS10.png
うーん・・・
ちょっと迷ってOgreMagi。
Mortal Coilをはじめとして火力スペルがそれなりに搭載できそうなので、シナジーを期待して。

11.png
Frost Elementalもそこそこ強いんですが、ちょっと2マナ域が不安なのでここはGilbin Stalkerを。

12.png
また選択肢が無い状態でのVoid Caller。
しかし今回は積極的にピックしても良い状態なので、喜んで取る事にします。
デーモン需要がまた少し上がりました。

13.png
他に選択肢が無いのでVoidCaller。
これも1マナとしてそこそこ強く、デーモンシナジーも期待できるので実は結構嬉しいところ。

14.png
ここで3択。
正直どれをピックしても良いくらいですが・・・
劣勢を覆す上で範囲除去は何枚かデッキに入れておきたいので、ここはHellfireを。
アグロ戦略との相性は良くないんですが、それでも保険はかけておきたい派です。

15.png
うって変わって残念な選択肢。
ぶっちゃけどれも嬉しくないんですが、強いて言えばのDread Corsairピック。
悲しみにくれつつ、後半戦に期待。

取れてるカードはそこまで悪くないので、後は足りない部分を埋めつつカードパワーの高いところを取っていきたいですね。
特に3マナ圏の補充が急務なので、WarlockならImpGangBossがベストでしょうか。

それでは、後半に続きます。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/26(月) 21:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ある日のarenaピック~ Paladin1回目(2/2)

arenaピック、パラディン編後半。
マナカーブガバガバデッキの結末やいかに。




paladin1_16.png
17ピック目。

良い感じに足りないマナ域を埋めてくれるカードが。
ここは序盤の安定を優先してOgre Bruteをピック。
カードの強さで言えばBoulderfist Ogreの方が上ですが、前半でピックしたMurlock Knightは実質6マナのカードなので6マナ域はそこまで急がなくてもいいかな・・・という判断です。

paladin1_17.png
ここも3マナ域を埋めるためのHarvestGolemをピック。
Wolfriderも悪くないんですが・・・さすがにGolemには劣るのと、デッキ内のCogmaster、HungryDragonとのシナジーを考慮すると必然的にHarvestGolemピックになりますね。

paladin1_18.png
いやぁ・・・

FlesheatingGhoulかなーとも思ったんですが・・・
ここまででデカブツがほとんど取れていない事を考慮すると、
イエティなりPit Fighterなりを出されるとキツそうな気がするので、ここはHumilityを。

paladin1_19.png
グッド。
特に考えることも無くMaster for Battleを。
他のカードとのシナジーも期待できて良い感じです。

paladin1_20.png
バッド。
消去法でMaiden of the Lake。
うまくMurlock Knightに繋がると強いような・・・別にあんまり強くない気もする。
溢れ気味な4マナ域というあたりが嬉しくない要因ですね。

paladin1_21.png
4マナが溢れているとはいえ、取らざるを得ないTruesilver Champion。
さすがに強い。

paladin1_22.png
うーん、まぁ、5マナ域無いしDarkscaleHealer取っておくか。
Stormwind Knightも結構好きなんですけど、今後も剣とかイエティとかで4マナ取れそうなので今回はパス。

paladin1_23.png
ウッヒョー!
MurlockKightは6マナのカードなので気にせずピックしますぞ!
アリーナで好きなカードを2枚以上ピック出来るとテンション上がりますよね。

paladin1_24.png
んー・・・さすがにScarlet Crusaderかなぁ。
他は強い状況がちょっと限定されすぎてますね。

paladin1_25.png
いやーキツイ。
この中だと仕方なしにBlackwing Corruptor取るしか無いですね・・・。
一応HungryDragonがいるので、握れてさえいれば強いんですが。
5/5/4のバニラならギリギリ許容範囲なので効果が使えなくてもなんとか。

paladin1_26.png
安定のConsecration。
2枚デッキに入ってると安心感が違いますね。

paladin1_27.png
小型はそろそろ要らないんだけどなー・・・。
UnstableGhoulはデッキ内の小型生成カードと相性が最悪なので、ここは泣く泣く2枚目のCogmaster。
とはいえ、デッキ内のMechはSielded MinibotとHarvest Golem2枚。
いずれも場に残りやすいミニオンなので、今回に関してはそこそこ活躍してくれるかもしれません。
当然ですが、1マナ3/2になればさすがに強いのです。

paladin1_28.png
今回一番の悩みどころ。
強さで言えば2マナのカード、でもマナバランスで言えば5マナ。
2マナは十分な枚数があるので、今回は5マナのBlackwingCorruptorを取りました。
実質4マナバニラ相当と言えど、終盤に2マナ引くよりはマシかなー・・・と。
他の2枚を取る選択肢も十分にアリです。というか、そっちの方が良かったかも?

paladin1_29.png
最後のレアピック。
Arcane Golemも悪くは無いんですけど、無難に汎用性の高いViolet Teacheを取って、構築終了。

最終的に、4マナ域が溢れてしまった事を除けばなかなか綺麗なバランスのデッキになったかなと思います。
強カードも結構取れていますし、全体的なカードパワーは高め。
ただ、一部シナジーを前提としたカードがデッキに入ってしまっているため、下ブレが怖いですね。

後半に強いカードが少ないため、序盤にテンポを取ってそのまま押し切る形にしたいですね。
幸い、序盤にテンポを取れるカードは多数入っているので、うまく引ければそのまま押し切れるでしょう。

7勝はいけると思いますが、そこから先はちょっと厳しいかな・・・という印象。
相手の強い動きをひっくり返す手段がほとんど無いので、相手のデッキが強くなってくると飲み込まれていきそうです。

続きを読む

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/23(金) 19:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ある日のarenaピック~ Paladin1回目(1/2)

実際にarenaをプレイした時のピックとそのときに考えていたことをつらつらと書き留めていきます。
画像枚数が多くなるので、とりあえず2回くらいに分けるのが良いのかな。

それでは早速。



paladin1_0.png

まずはヒーロー選択。
特にクエストで指定されてるヒーローは無いので、気分でパラディンを選択します。
余談ですが、私はカエル騎士(Murlock Kight)が大好きです。
せっかくなので5枚くらいピックしたいですね!


paladin11.png

記念すべき初手。
「ほぼイエティ/限定的アド/ただ強」の3択。
パラディンは4マナ域が膨れやすいことを考えて6マナのSunwalkerをピック。
Divine Favorからクソアグロを組みにいくプランもアリですが、初回でいきなり失敗デッキになると目も当てられないので今回は無難な選択をします。

paladin12.png

2手目。
特に考えることもなくStormwind Championを。
個人的に、真ん中のGhoulは積極的にピックしたいカードではないです。

paladin1_3.png

やったぜ!
当然Murlock Kightをピック。
単純に強い上に2手目のStormwind Championともシナジーしてて良い感じ。

paladin1_4.png
ちょっと悩みどころ。
Captured JormungarかHungry Dragonの2択ですが・・・
パラディンは武器とShieldbotが取れると序盤の小型ミニオン処理がしやすくなるため、今回はHungry Dragonを選択。
今後の噛み合いに期待したいところ。

paladin1_5.png
5ピック目。
余裕のConsecrationピック。
特に考えることはないですね。

paladin1_6.png
ここも特に悩まずHervestGolem。
変なシナジーよりも単体で強いカードを取るのが優先です。

paladin1_7.png
ここでちょっとだけ悩みますが、単純にカードパワーでDark Iron Dwarfを。
2マナ域をまだピック出来ていませんが、まだ気にしなくても良いでしょう。

paladin1_8.png
実はこの画像の前にMadBomberをピックしています。(SS取り忘れ)
Maiden of the Lake、Ogre Magiとの3択でしたが、この2枚が別に積極的にピックしたいカードではないのでマナカーブ優先でMadBomberをピックしました。

で、次にこの画像の3択。
単純なカードパワーでDark Iron Dwarfをピック。
パラディンとの相性も良いですし、複数枚あって困ることはありません。

paladin1_9.png

10ピック目。
ここは2マナ武器のArgentLanceを。
HumngryDragonとの相性もあり、なかなか良い感じです。
Fencing Coach→Murlock Kightのスーパームーブも夢がありますが、さすがにFencing Coachが単体で弱いので没。

paladin1_10.png

4マナがちょっと多くなってきたので実質左と真ん中の2択。
ここは凹み気味の3マナを補う意味でもWarHorse Trainerを。

paladin1_11.png

何も言わずにShielded Minibot。

paladin1_12.png
全部嬉しくない・・・が、最低限2マナ分の仕事はするMurlockTideHunterをピック。
Murlock Kightとのスーパーシナジーもありうるしな!!

paladin1_13.png
うーん、悩ましい。
マナバランスで言えば3マナか5マナ以上が欲しいんですが、さすがにクソ猿Silverback Patriarchはカードじゃないので除外。
残った2マナと4マナの選択で、カードパワー的にはほぼ五分。
4マナは後で質の良いカードが追加で取れちゃいそうなので、ここはFlame Jugglerを取っておきます。

paladin1_14.png
まーた2マナと4マナの選択だよ。
今回はちょっとカードパワーに差があるので、Evil Hecklerをピック。

paladin1_15.png
wtf

端2枚がカードじゃないので、ギリギリ採用圏内のCogmasterを仕方なくピック。
現段階だとMechはHarvest GolemとMinibotの2枚だけ。
これだと不安なので、上手いこと使うために軽めのMechをもう少し充実させておきたいところです。

・・・と、このあたりで前半終了。

ここまででは、全体のカードパワーは悪くないんですがちょっとマナカーブが歪なのが気になる点ですね。
後半でうまく3マナと5マナが取れれば良いんですが・・・。

以上、後半に続きます。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/22(木) 19:00:00|
  2. Hearthstone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ その2

こんばんは。

明日にZ/X14弾の発売を控えたところで、皆様いかがお過ごしでしょうか。

Daily "New" Deckも良さそうなデッキが出来なくなってきたころで、この辺で一時休止としたいと思います。
また非公認大会の結果が出てきたら再開しようと思います。

それまでは他のゲームのことを交えつつ、面白い話題を見つけたら更新していこうと思います。
直近だとハースストーン関連の記事を更新することになりそうです。

以上、お知らせでした。

テーマ:Z/X(ゼクス) - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/21(水) 19:00:00|
  2. Z/X関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Z/X Daily "new" Deck【緑単禊萩ヘルソーン】

本日分・・・ではなく昨日分のDaily"new"Deck更新。
予約投稿失敗してました。すみません。

お詫びに、記事の最後にオマケのデッキレシピを一つくっつけておきます。

それでは本題に。


【緑単禊萩ヘルソーン】
プレイヤー:緑の竜の巫女クシュル

1 x 雪だるまを作るアルカネット

4 x 正月を堪能するカモミール
4 x 巧緻な金槌 縷紅草
8 x 伝説の魔神 百騎兵
4 x 修行中の跋難陀

4 x 八大龍王 跋難陀
4 x 黄金色の幸せマレイン
4 x 大地の爪甲ノーブルグローヴ
4 x 四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン
3 x 碧天の鉄爪 禊萩
3 x 八大龍王 難陀
2 x 草華竜アイヴィーウイング
3 x リトルガーディアン
2 x その輝きは700光年の彼方

(太字は新カード)



・《四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン》
ゼクス
7/緑/プラセクト/10500
[常]ゼロオプティマ4(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが4枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。
"[自]あなたのゼクスがバトルで相手のゼクスを破壊した時、
あなたのデッキの1番上のカードをリソースにスリープで置いてよい。"

・《その輝きは700光年の彼方》
イベント
5/緑
[☆]あなたのプレイヤーが「緑の竜の巫女クシュル」の場合、あなたのリソースにカードが9枚以上あるならば、
スクエアにあるあなたのゼクスを1枚選び、スリープする。スリープしたならば、
あなたのリソースにあるコスト7以下のゼクスを1枚選び、リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させる。
その後、カードを2枚引き、あなたの手札にあるカードを1枚選びデッキに戻し、シャッフルする。
このカードはあなたのターンにしかプレイできない。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
    ▲

(新カードテキスト引用:http://wikiwiki.jp/zxtcg/)


今回の注目カードは《四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン》
その雑な能力で雑に増やしたリソースを一番上手く使えるのは、やはり《碧天の鉄爪 禊萩》でしょう。
さらに雑リソブ仲間の《八大龍王 難陀》も雑に加えてやれば、めでたく雑デッキの完成!

・・・とまぁ、雑な解説はこの辺にして。

《四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン》を使う上で問題となるのが、その始動の遅さです。
効率よく効果を使おうとすると、手札からもう1枚くらいは追加で出したいところですが、そのためにはリソースが9~10枚程度必要になります。
また、リソースを増やした後のことも考えておかなければならないため、見た目以上に事前・事後の準備が必要となるカードと言えます。
このデッキでは《黄金色の幸せマレイン》で事前を、《碧天の鉄爪 禊萩》をはじめとしたリソース利用カードで事後をサポートしています。

ある程度リソースが伸びてからの爆発力はかなりのものですが、その分除去などが採用できていないので小回りが利き辛いのは弱点と言えます。

《四皇蟲 狂惑女皇ヘルソーン》を上手く使おうとするとどうしてもデッキの枠がキツくなっちゃうので、あまり細かいことは考えず、単に使いやすいリソースブーストとして効率を考えずに軽く投げちゃっても良いかも知れませんね。



※掲載内容に問題があった場合はコメントにてご一報いただければただちに削除いたします。 続きを読む

テーマ:Z/X(ゼクス) - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/20(火) 19:00:00|
  2. Z/X Daily Deck
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Z/X Daily"new"Deck 【白黒ワンダリングガーディアン】

本日分のDaily"new"Deck更新。




白黒ワンダリングガーディアン
プレイヤー:不問

1 x 元凶の紳士シック

4 x イヴィルベイン パスサール
4 x 鴟梟を阻む意志ケィツゥー
4 x イヴィルベイン アイガー
4 x ロウブリンガー ダウラギリ
4 x 超電圧プラグ エレキラー

4 x ロウブリンガー ノシャック
4 x 閃耀の狙撃手メイリーシャン
4 x 十二使徒 白羊宮マルキダエル
2 x 海の家の覇者グラ
3 x 驕傲の使者ヴァーヌス
2 x 叫び続けるバンジージャンパー
4 x 闘乱災鬼ワンダリングディスペア
4 x 勇者巨神ダームスタチウム
2 x 守護者のまどろみ

(太字は新カード)



・闘乱災鬼ワンダリングディスペア
ゼクス
7/黒/ノスフェラトゥ/10000
[起]<スリープ 手札にあるカードを1枚トラッシュに置く。>
あなたのトラッシュにカードが13枚以上ある場合、あなたのトラッシュにあるコスト3以下のゼクスを2枚まで選び、
リブートでゼクスのない◎のスクエアに登場させてよい。この能力はあなたのターンにしかプレイできない。
  ◎□◎
  ◎◎◎
  ◎◎◎
    ▲

・驕傲の使者ヴァーヌス
ゼクス
6/黒/ディアボロス/9000
[常]ゼロオプティマ5(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが5枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。
"[起]<チャージにあるカードを2枚トラッシュに置く。>
ノーマルスクエアにあるすべての相手のゼクスを破壊する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。"

(新カードテキスト引用:http://wikiwiki.jp/zxtcg/)



強力なカードが目白押しの14弾SRの中で、ひときわ異彩を放つのが《闘乱災鬼ワンダリングディスペア:》
ぱっと見た感じでは弱そうちょっと使い辛い印象を受けるこのカードですが、それでこそ使い道を考える価値があるというものです。

低コストをばら撒く能力と相性がいいカードは・・・すぐに思いつくのはやはり《勇者巨神ダームスタチウム》ですね。
《闘乱災鬼ワンダリングディスペア》から《鴟梟を阻む意志ケィツゥー》2枚を投げて《勇者巨神ダームスタチウム》まで繋げれば、ディスカード分の損失を補いつつ盤面を処理することが出来ます。

また、このデッキではガーディアンシナジーを採用して盤面の制圧力を高めているほか、盤面処理に余裕がある場合には《超電圧プラグ エレキラー》でのハンデスギミックも採用しています。
一度処理に失敗すると無尽蔵に湧き出すゼクスで盤面を埋め尽くすことが出来るので、相手の対応策を絞ることが出来る手札破壊は好相性と言えるでしょう。「絶界」も相手の除去を制限するという意味で同様の効果が期待できます。

また、《闘乱災鬼ワンダリングディスペア》の副次的な効果として、チャージが増えやすくなります。
一度制圧されてしまっても《驕傲の使者ヴァーヌス》で更地にし、逆にこちらのゼクスで埋め尽くす・・・と出来れば理想的ですね。

スリープ起動、手札1枚ディスカード、トラッシュ13枚・・・と、どうにも取っ付き辛いような効果に見えますが、得られるものは決して小さくありません。
うまく活かす事ができれば、いわゆる「ただ強」カードに勝るとも劣らない活躍をしてくれるはずです。



※掲載内容に問題があった場合はコメントにてご一報いただければただちに削除いたします。

テーマ:Z/X(ゼクス) - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/17(土) 21:00:00|
  2. Z/X Daily Deck
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Z/X Daily "new" Deck 【赤白ガーンデーヴァ】

本日分のDaily"new"Deck更新。



【赤白ガーンデーヴァ】

プレイヤー:都城出雲

1 x 迎え撃つレンコントフィー

4 x 風魔シルフィード
4 x 戦士の女王ゼノビア
4 x 狩猟の女神アルテミス
4 x 才気のタロントゥー
4 x 鴟梟を阻む意志ケィツゥー

2 x 造船技師ジェーミナ
1 x 暁十天クテール・マシャカ
2 x 十文字槍職人クロススピア
4 x 暁十天エダーナ・サウファ
4 x 創星六華閃ガーンデーヴァ
4 x 神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛
3 x 石覇霊王バジリスク
3 x 帰ってきた少女ウサリア

4 x つまみ食い
2 x 守護者のまどろみ

(太字は新カード)


・才気のタロントゥー
ゼクス - IG
3/白/エンジェル/4500
[常]ライフリカバリー(このカードがライフから登場する際、
あなたのライフが相手のライフ以下ならば、1点回復する。)
[自]このカードがバトルで相手のゼクスを破壊した時、あなたのチャージにあるゼクスを1枚選び、手札に戻してよい。

・ 創星六華閃ガーンデーヴァ
ゼクス
6/赤/マイスター/9000
[起]<トラッシュにあるカードを2枚ゲームから除外する。>あなたのプレイヤーが「都城出雲」の場合、
ノーマルスクエアにある相手のゼクスを好きな枚数選び、ゲームから除外されているあなたのカード2枚につき、
3000ダメージを割り振って与える。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。

・石覇霊王バジリスク
ゼクス
4/白/セイクリッドビースト/6000
[常]ゼロオプティマ3(あなたのリソースにイグニッションアイコンを持つカードが3枚以上ある場合、
以下の能力が有効になる。)
"[起]<無0>相手のトラッシュにあるコスト5以上のゼクスを1枚選び、デッキの1番下に置く。
置いたならば、このカードがあるスクエアの隣のスクエアにあるゼクスを1枚選び、
ターン終了時まで、パワーを-3000する。この能力は1ターンに1回しかプレイできない。"

・帰ってきた少女ウサリア
ゼクス
6/白/ウサリア/9000
[自]このカードが登場した時、「帰ってきた少女ウサリア」以外のあなたのチャージにあるゼクスを2枚まで選び、
手札に戻してよい。1枚以上戻したならば、あなたの手札にあるカードを1枚選び、チャージに置く。

(新カードテキスト引用:http://wikiwiki.jp/zxtcg/)



新プレイヤー対応カードの《創星六華閃ガーンデーヴァ》
効果を起動するたびにだんだん火力が上がっていき、最終的には手が付けられないほどの大火力を撒き散らす、盤面制圧力に優れたゼクスです。
起動コストが墓地を2枚焼くだけなので非常に使いやすく、最初は頼りない火力も自ターンと相手のターンの両方で効果を使えばすぐに成長してくれます。

《物語の紡ぎ手シャハラザード》など、他の墓地除外カードと組み合わせて火力の強化・・・といきたいところですが、むしろ《創星六華閃ガーンデーヴァ》の燃料が減ってしまうという点であまり相性は良くないかもしれません。
このデッキでは《創星六華閃ガーンデーヴァ》を回収して繰りj返しプレイすることで、後半の大火力を実現させるようにしています。

また、燃料の補充手段として《つまみ食い》を採用。
デッキの回転率を上げる他、手札に不要なカードが溜まってしまう事態を回避できるので、ドロー手段が少ないデッキでは便利ですね。

《創星六華閃ガーンデーヴァ》でノーマルスクエアを焼き払ってしまえば、残るは相手のプレイヤースクエアのみ。
このデッキではプレイヤースクエアにも火力が飛ばせるカードが多数搭載されているので、最早安全地帯は残されていません。

徹底した除去によるスクエアの制圧力は、「絶界」や《覚醒天使ピュアフロン》といった対抗手段を持たないデッキを大いに苦しめることでしょう。



※掲載内容に問題があった場合はコメントにてご一報いただければただちに削除いたします。

テーマ:Z/X(ゼクス) - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/10/16(金) 19:00:00|
  2. Z/X Daily Deck
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。