Ray of law

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

綾瀬(中略)杯使用デッキ+小レポート。

どうも、combatirです。

今日は大宮オーガ店長主催の綾瀬(中略)杯に参加してきました!
今回はそこで使用したデッキのレシピと、覚えている範囲で大会のレポートを。


まずは使用デッキから。

【緑黒フィーユ】

・スタートカード
1 x 変幻の三節棍 山吹

・IG
4 x 未来の達人 蒲公英
2 x 隠業の手裏剣 弟切草
4 x 不敵な旋棍 芍薬
4 x 孤独の魔人ソリトゥス
3 x 月影葬送牙
3 x フィーユはいつも元気だぞっ!

・ZX
2 x のんびり屋のルリジッサ
2 x 凛とした簪 黒百合
4 x たおやかなる薙刀 菖蒲
4 x 魅惑の七支刀 月下香
4 x 高潔の金剛杵 木蓮
4 x 野蛮の魔人バルバルス
2 x 滅獄竜デスティニーベイン
4 x 樹海の乙女フィーユ

・イベント
3 x 武皇剣閃撃

以前、このブログに書いたデッキをちょこっといじっただけですね。
良い成績を残せたことですし、せっかくなので細かいところまで書いてみます。
前に描いたものと共通することが多くなるかもしれませんが、ご了承ください。

・IGについて
《芍薬》《蒲公英》《弟切草》までは安定。
3弾環境になって確定除去が欲しくなったので、《月影葬送牙》を採用。
それに合わせて、しっかり黒を積む必要が出てきたので《ソリトゥス》を4枚。
後は単純にアドバンテージを稼げる《フィーユはいつも元気だぞっ!》を含めて適当に枚数調整した感じです。

細かい事を言えば、《葬送牙》は4枚で良いかも知れないし、《元気だぞっ!》は2枚で良いかも知れません。
しかしながら、「フィーユを使いたい」という理由でこのデッキを使い続けている者としては、これ以上《元気だぞっ!》を減らすのは心情的に出来ませんでした(
4枚から3枚に減らす段階でも相当苦悩したんですよ!

・4コスト枠
相変わらずの《ルリジッサ》と《黒百合》が2:2。
どっちつかずな感じが非常によろしくないような気はしますが・・・現状はこれでうまくいってるので、こんなもんでしょう。

・緑について
《菖蒲》《月下香》《木蓮》の普通に強いホウライをフル投入。
《菖蒲》に関しては3枚でも良いのかも知れませんが、ファッティ相手に試合が長引いたときは必ず引きたくなるカードなので4枚にしました。8コスの時に3コストを回収しつつ2体処理出来るのも便利ですし、あって困る事はないはず。

《樹海の乙女フィーユ》は4枚。ここは譲れません。
可愛い!

・黒について
《バルバルス》が超強いのは相変わらずとして、新戦力の《デスティニーベイン》が加わりました。
盤面を固めきれてない時の相手のIG連打を全て弾いてくれるので、かなり強いですね。
手札コストがキツイ時もありますが、それに見合うだけの価値は十分にあります。
ウィニー・ビートダウン系列のデッキよりもファッティや同形の方を意識していたので、《ベイン》は控えめな枚数になっています。ただ、今回は結果としてビートダウン系列のデッキと対戦する事が多かったので、《菖蒲》の枠を1枚こっちに持ってくるのが正解でした。

・イベントについて
前回と比べ、《剣閃撃》を1枚増量しました。
ビートダウン、ファッティどちらに対しても使えるので良い感じ。
相手の《アサギ》《アイヴィーウイング》に対して足りない打点を補ってくれたり、同サイズゼクスからの攻撃を弾いて反撃の起点にしたりと大活躍。

・このデッキを選択した理由について
上の方でも少し触れましたが、単純に「フィーユが使いたかったから」。
好きなデッキを「好きだから」という理由で使って勝てる、というのは本当に幸せな事だと思います。
もっとも、それがいつまでも続くとは限りませんが・・・。

それでも。
これから先、たとえ環境が変わったとしても、私は《フィーユ》を使い続けます。


カッコつけた文章で締めくくったところで、ここからは大会の簡易レポートになります。
メモを取り忘れたので覚えていないところも多々ありますが、ご容赦ください。

まずは予選から。
1グループ4人で、上位2名が決勝トーナメントに上がる方式。

予選1回戦目:赤黒t白ウィニー
赤黒のズィーガーを採用したウィニーに赤白リソースリンクを加えたタイプのデッキ。

普通に轢き殺されてしまいました。
負け。

いきなり負けちゃいましたが、次とその次を勝てばまだ決勝進出できます。

予選2回戦目:黒青t白チャージ利用
《バルバルス》《デスティニーベイン》を《イリュジオン》で回収しつつコントロールするデッキ。

こちらのIGがガン回ってそのまま押しつぶしてしまいました。
勝ち。

予選3回戦目:赤黒t白ウィニー
1回戦と同じ方。お互いに1勝1敗で、勝った方が決勝進出になる試合。

1回戦目とはちょっとプレイングを変えて、なるべく相手を殴らないようにしてみる。
それが効を奏したか、ライフ2点まで削られるも、盤面を大型で制圧して固めることに成功。
後はヴォイドに注意しつつライフを削って勝ち。

なんとか決勝トーナメントに進出することができました。


続いて、決勝トーナメント。

1回戦:赤青ブレイバーリゲル
赤青のリソースリンクとリゲルを採用したデッキ。

ライフ3点を比較的早い段階で削られるも、盤面を大型で埋めて圧殺。
山札に余裕があるので、うっかり死なないように気を付けながらチマチマ殴って勝ち。
相手のIGでリゲルが落ちまくったのが助かりました。

2回戦:黒青
ごめんなさい、相手の方のデッキの内容を失念してしまいました。

対戦内容は、相手のIGがほとんどめくれず、こちらが《フィーユ》連打からゴリゴリして勝ち・・・だったはず。

3回戦:不戦勝
12人→8人にするため、4人が不戦勝。
運よく不戦勝に選ばれ、この時点でベスト8に入ってしまいました。
次からは準々決勝になります。

準々決勝:緑黒t白ズィーガー
《ルクスリア》を活用してコントロールするデッキ。
タッチはリソースリンクの《イリュジオン》。

相手のIGがめくれず、《フィーユ》3連打からゴリ押しして勝ち。

準決勝:緑黒ズィーガ-
コントロール気味・・・かと思いきや、積極的に殴ってくるデッキ。

相手が序盤のIGを成功させ、ライフを1点、2点と削られる。
残りライフが1になるも、盤面を整えてこれからひっくり返そうか・・・という矢先。
「PSのゼクスがやられるだけなら良いか」と油断したところに、相手が《ブラックユニオン》で自分のゼクスを破壊→手札から新たなゼクスをプレイして奇襲!

攻撃を止める事が出来ず、負け。

・・・かと思いきや。
まさかのライフから《蒲公英》。

思わず、変な声が出ましたね(

まだゲームが続いていることに驚きつつ、《蒲公英》ちゃんにもらったこの命、無駄にする訳にはいきません。

自軍を《バルバ》《ベイン》《バルバ》と固め、相手の反撃を警戒しつつ攻勢に出る。
「死なない」事だけを考え、多少チキンになりながらも少しずつ相手のライフを削り、そのままなんとか勝利。

ここまで劇的なライフリカバリーは初めて。
さすがに死んだと思いましたが・・・最後まで諦めるもんじゃないですね。
本日のハイライトでした。

決勝:赤青ブレイバーリゲル
決勝トーナメント1回戦の相手と同様、赤青のリソースリンクを採用したデッキ。

序盤はどちらも普通な感じの動きでしたが・・・
中盤に、こちらが2回ほどプレイングミス。
《菖蒲》で3コストバニラを回収すべきところでしなかったり、そのターンに出す予定の3コスバニラをリソースにセットしたり・・・。

さすがに2回もミスした試合を勝たせてくれるほど甘くない。
そのまま順調に4点削られて負け。

あえて言い訳するとすれば、先ほどのラス1ライフリカバリーの興奮が完全に抜けていなかったんです・・・!

ま、メンタル面も含めて「実力」ですからね。
悔しい気持ちは当然ありますが、負けは負け。次に活かしましょう。


最終的な結果は準優勝と、かなりの好成績を残すことが出来ました。
何度も書きますが、好きなデッキを使って勝てることほど嬉しい事はありません。
そういった意味では、今回はかなり満足のいく結果となりました。

ちなみに、準決勝と決勝の様子は近日動画として公開されるそうです。
私のプレイに見苦しい点が多々あるかと思いますが、どうか突っ込まないでやって下さい・・・。

最後に。
大会を通して、とても楽しい一日を過ごす事が出来ました。
主催のオーガさん、対戦して頂いた方々、そして調整に付き合ってくれた身内の方々に、感謝の言葉を。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/02/11(月) 01:38:10|
  2. Z/Xデッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

アニムス無限の補足とか。

どうも、combatirです。

前回のアニムス無限についての記事なんですが、「少し説明が足りなかったかな」と思うところがありました。
今回は、その補足と、件のループコンボについての私の立場について少し書いてみようと思います。

まずは前回の記事の補足から。

「アニムスの効果で、3体のゼクスを同じスクエアに出せる」というルールですが・・・
これについては一度、1月末にZ/X公式(ブロッコリー)のメールフォームに問い合わせました。
その結果として、「現状の総合ルールでは可能だが、近々ルールを改定する」という回答をいただきました。

しかし、その数日前に同様の質問がZ/Xのデザイナーさんに同様の質問が寄せられ、「出来ない」と回答されていたようです。
(こちらは後から教えていただきました。ありがとうございます。)

これらを考慮すると、「総合ルールがまだ完全では無かった」ということになるのかな、と。
デザイン意図としては「出来ない」ものとして製作していたのでしょうが、テキストや総合ルールに「出来ない」とする要素が無い以上、それは「出来る」と言わざるを得ない。
件の「アニムスループ」は、そんな状況に置かれています。

そんな感じで、ルールがまだ改定されてない現段階でも、胸を張って「出来る」とは言い難いですね。
そのため、公認大会等では使わない方が無難だとは思います。
身内とフリープレイで遊んだり、話のネタにする分には問題無いと思いますが・・・。

次に、今回の「アニムス無限」に関しての私の立場(意見)を。

結論から言えば、今回のコンボは「無いほうが良い」コンボだと考えています。
理由は、このコンボがルールの穴をついた、意図されていない動きをするものだから。
強さや成功率以前に、そもそも成立しているのがおかしいものですからね。
個人的には、こういう変な動きをするコンボやデッキは好物ですが・・・それはそれ。
なるべく早めにルールが改定されるといいなぁ、と。

ちなみに、ルール改定後でも、アニムス1発からチャージ14枚を溜めてルシファーで4点ぶっぱする方法はあります。
今回のループと比べ条件が格段に厳しくなるので、そう簡単に決まるものではありませんが・・・。
この話を掘り下げると、いわゆる“ソリティア”と呼ばれるコンボについてどう考えるか、という話になる訳ですが・・・今回の趣旨とは異なるので、それはまた別の記事で。
とりあえず、「どうしても即死コンボがしたい!」という方はそちらを狙ってみると良いかも知れません。

・・・と、こんなところでしょうか。
アニムス無限の件に関してご意見等がある方は、コメントかtwitter辺りに書いていただければと思います。
それでは、今回はこの辺で。
  1. 2013/02/06(水) 00:13:21|
  2. Z/X関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニムス無限について。

ご無沙汰しております、combatirです。
更新は止まってましたが、Z/Xの方はバリバリやってました。

さて、今回は3弾ZXRの《アニムス》が悪い事をするお話です。
具体的には、無限ループ、それも「決まれば即死、かつ条件が比較的緩い」ループです。

本題に入る前に、重要な点を一つ。
今からご紹介するコンボは、近々総合ルールが改定されて不可能になるそうです。
そのため、「ルールが変わる前はこんな事が出来たのか」程度に受け取っていただければと思います。

前置きはこのくらいにして、本題に入りましょうか。

今日のヒロイックサーガ開始前に久保田Pが少し話していたので既にお気づきの方も多いかと思いますが、今回のループは「アニムスの効果で、3体のゼクスを同じスクエアに出せる」ことを悪用したものです。
先程の「ルールが改定される」というのは、これを出来なくするよ、というものですね。

さて、アニムスの効果で3体のゼクスを同じスクエアに出すと、どうなるのでしょうか?
答えとしては、「1枚だけをスクエアに残し、他の2枚はトラッシュに置かれる」ことになります。
(総合ルールの「ルールエフェクト」の項を参照)
また、トラッシュに置かれた2枚が“登場した時”の効果を持っていた場合、全て誘発します。



ここからは実際のループの手順に従って、具体的な動きについてみていきましょう。

まず、「チャージが4枚ある状態」を仮定します。(チャージの貯め方についても後で説明します)
また、自軍PS以外に空きスクエアが1か所以上あるものとします。

はじめに、《アニムスA》を自軍PSにプレイ。
→効果でトラッシュから《アニムスB》《サエウム》《ルクスリア》を一つのスクエアに出す。
→ルールエフェクトで《ルクスリア》を残し、その他をトラッシュに置く。

ここまでで、初めにプレイした《アニムスA》の処理が全て終了します。
続いて、《アニムスA》の効果でつり上げた3体の登場時効果を解決していきます。
この時、解決順は好きに決められるので、まずは《サエウム》を解決。
→《ルクスリア》を破壊、チャージがあふれるので《ルクスリア》はトラッシュに。

この段階で、《アニムスA》でつり上げた3体(アニムスB,サエウム、ルクスリア)が全てトラッシュに置かれていることにお気づきでしょうか。
その上、《アニムスB》《ルクスリア》の効果はまだ未解決のまま。

さて、では次に《アニムスB》の効果を解決しましょう。
先程と同じく、トラッシュにあるはずの《アニムスB》《サエウム》《ルクスリア》を一つのスクエアにつり上げます。
《ルクスリア》を場に残し、それを《サエウム》で破壊するのも同じ。
つり上げた3体が再びトラッシュに置かれたので、もう一度《アニムスB》を解決すると・・・?

そう、無限に3体をつり上げ続ける事が出来るのです。

ここで注目すべきは、《ルクスリア》の効果は一度も使っていないこと。
すなわち、《アニムス》の効果を使うたびに、《ルクスリア》の効果が未解決のまま積みあがっていくことになります。
それこそ、百回でも、千回でも。

好きなだけ《ルクスリア》の効果を積み上げた後は、《アニムス》の効果で《ルシファー》を呼び出しましょう。
《ルシファー》を出してループを終了させ、最後に積み重なった《ルクスリア》の効果を一気に解決!
こうすることで、トラッシュのカードをすべてチャージに送る事が出来ます。
後はもう、大量のチャージから《ルシファー》の効果を連打して相手のライフを削り切って終了。



・・・とまぁ、こんな感じです。

勘の良い方ならお気づきかと思いますが、上記のループを応用すれば冒頭の「チャージが4枚ある状況」はすぐに作れます。
最初に《アニムス》でつり上げるのを、《ルクスリア》から適当なディアボロス(ソリトゥスやミセリア等)に変えるだけ。
《ソリトゥス》や《ミセリア》はチャージにいっても問題無いので、上限に達するまで「《アニムス》でリアニ→《サエウム》の効果で破壊する」という工程を続ければ条件を満たす事が出来ます。

最終的に必要な条件は、こんな感じです。
1、アニムスをプレイした段階で、トラッシュに7コスト↑が13枚以上
2、その内、別のアニムスが1枚以上、ルシファーが1枚以上
3、トラッシュにサエウム、またはルナティクスが1枚以上
4、トラッシュにルクスリアが1枚以上
5、トラッシュに6コスト以下のディアボロスが2枚以上
6、ノーマルスクエアに空き枠が1箇所以上

条件が厳しいように見えますが、実は意外と簡単。
実際にデッキを組んで回してみると、1の条件をクリアできれば他は大体自動的にクリアできます。

早いデッキ相手には流石に厳しいですが、緑系列などのゆっくりなデッキ相手ならかなりの確率で成功するようです。
デッキ構築の段階で大きな制約はあるものの、決まれば即死かつそこそこ決まるので、デッキとしては強い部類に入るのではないでしょうか。

・・・ただし。
繰り返しになりますが、この即死コンボは近いうちに使用できなくなります。
正直、あまり良くない類のコンボではあるので、なるべく早めに修正されると良いなぁ・・・と。

良い子は真似しないでね!
  1. 2013/02/04(月) 00:19:51|
  2. Z/X関連
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。